スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【擬人化設定】サン 

サンメンバー

画像クリックで全体画を表示
「続きを読む」より設定の詳細を表示します










設定は順次追加予定

--------------------

↓画像をクリックで設定までジャンプします




































107_2017y01m03d_oahu.jpg  1
「派手に行くぜ!!今日の!!ゼンリョク!!
           ハイパーッ!!!ダーククラッシャーッ!!!!!」
「ハハハいいぞ!もっと見てくれ!褒めてくれ!」


オアフ/ガオガエン
さみしがりな性格 とてもきちょうめん

?歳 188cm 一人称:俺

サンチームのリーダー。
幼い頃は物静かな少年だったが、成長するにつれ
バトルの楽しさと注目を浴びる快感に目覚める。
旅を終えた頃にはすっかりパーリーピーポーと化した。

派手なパフォーマンスや傍若無人なバトルのスタイルも全ては
他者の気を引くためであり、構ってもらえないと凹む。
一見軽はずみな悪漢に見えるがそれなりに分別はついており、
メンバーの面倒見もよく意外と几帳面なところがあるのは幼い頃の名残か。

バトルバイキングとスーパーメガやすが大好き。
好きな食べ物はとっしんステーキとマトマスナックと嫁の手料理。

拙宅に娘のアビー。凛太さん宅に妻のハナビさん。









110_2017y06m13d_kaula.jpg 1 2
「おう見てな!ここはカウラ様が華麗に決めてやっから!!」
「タンマ!!今のなし!!今のはノーカン!!」


カウラ/クワガノン
なまいきな性格 考え事が多い

19歳 162cm 一人称:オレ

テンション高めにホバーボードを乗り回す元気な青年。

パリピのオアフに引けを取らないノリの良さと賑やかさを持つ
チームのムードメーカー…と言いたいところだが、
他のメンバー達がマイペースすぎるのでツッコミに回っている事の方が多い。

チームメイトのニホアとは仲が悪い。
お前ちょっと身体がでかいからっていい気になってんなよ!!

好きな食べ物はミルタンチーズピザ。
グランブルマウンテンはブラックで飲む。

凛太さん宅のあさひくんとマブダチ。ボードのメンテナンスも彼に頼んでいる。









112_2017y06m11d_nekcer.jpg 1
「これは薄い本が厚くなるのでは?」
「無理……尊い…………」


ネッカー/アマージョ
いじっぱりな性格 のんびりするのが好き

18歳 163cm 一人称:わたし

男の子と男の子が仲良くしているのを見るのが大好きなチームの紅一点。
異性ばかりのチームメイトに対し脳内でいろんな掛け算をして遊んでいる模様。
サークル名「とろぴかる」で活動中。

チーム内の唯一の女子であるが腕っ節はカウラより一回りか二回りはある。
バトルの際は強烈なキックを敵へとぶち込む。そして腐のオーラが強すぎて相手が怯む。

今のところ異性と付き合う気はないようだ。
わたしとデートするくらいなら男と抱き合え。

近づくとほんのり甘い匂いがするが、香水ではなく体臭とのこと。

好きな食べ物はマトマパスタ。

凛太さん宅ユイちゃんとお友達。
レイ嶺さん宅ドロテアちゃんとお友達兼腐女子仲間。




















1   2
「なあお布施してくれよ~!俺達を助けると思って!
           このままじゃ飯も食えねえんだ!頼むよ!」
「おっ?殴るか?殴るか??」


キョクヤ(極夜)/ルガルガン(まよなか)
ようきな性格 打たれ強い

20歳 173cm 一人称:俺

マリエ庭園の奥にある寂れた神社を守っている覡。ビャクヤの双子の兄。

覡としての役目を真面目に務める弟とは対照的に、
賽銭箱を掲げて乞食をしたり、参拝者の前で御守りを「何の役にも立たない」と吐き捨てたりする問題児。

苦痛を受けることや負傷することに興奮を覚えるマゾヒスト。
観察眼に優れているらしく、相手の嫌がる行動を早々に看破し
ぶん殴ってもらうためにわざと神経を逆撫でする挑発的な言動が目立つ。

訳あって凛太さん宅のヴィンセントさんに執着している。

拙宅に双子の弟のビャクヤ。
レイ嶺さん宅に叔父のラプソディくん・ノクターンくん。
凛太さん宅ユニヴェルちゃんとの間に息子のルキくん。









121_2017y04m30d_byakuya.jpg 1
「すっすみません!すみません!!兄が無礼を!!!」
「はい!アポローン様のご加護できっと、
       貴方の苦悩は曇天を晴らすようになくなるでしょう」


ビャクヤ(白夜)/ルガルガン(まひる)
いじっぱりな性格 昼寝をよくする

20歳 173cm 一人称:俺

マリエ庭園の奥にある寂れた神社を守っている覡。キョクヤの双子の弟。

神社が寂れたのは、祀っている神である「アポローン」の加護が弱まったことと、
それと同時に信仰を集める力が失われてしまった為と推測している。
どちらが発端か不明だが、一方の状況が悪化すればもう一方も…という悪循環に陥る為
とにかく神社の復興と信仰集めに躍起になっている。

不真面目な兄にいつも邪魔されては鉄拳で制裁している。
しかしそれらの努力も空しく事態はなかなか好転せず、
今日も所持金数十円で兄と貧乏生活を送っている。

そんな多忙な生活を送っているせいか疲れやすくなっているらしく、
昼型の種族にも関わらずしばしば昼間から仮眠をとっている。

拙宅に双子の兄のキョクヤ。
レイ嶺さん宅に叔父のラプソディくん・ノクターンくん。
拙宅のアポローンを信仰しているが、面識はない。









130_2017y07m08d_apollon.jpg  1
「記念撮影をしましょう!ロトム、カメラモードをオンにするのです!」
「僕を慕ってくれるのですか?嬉しいなあ…今度、食事でも如何でしょう」


アポローン/ソルガレオ
しんちょうな性格 ちょっぴり見栄っ張り

?歳 190cm 一人称:僕

かつて「太陽を喰らいし獣」と呼ばれ信仰を集めていた太陽の使者。

ひょんなことから神としての力を失い、赤子の姿でアローラの地をあてもなく彷徨っていた。
一時期、オアフ一行を助けたり助けられたりで行動を共にし、無事力を取り戻すことに成功する。
しかしその後は観光と銘打って各地をふらふらと徘徊して遊びまわっている。
愛読書は観光ガイド。自撮りにハマっている。

女の子が大好き。
神格の威厳も虚しく旅先で出会った女の子にはナンパを試みている。

拙宅のキョクヤとビャクヤから尊崇されているが、直接の面識はない。

凛太さん宅に双子の妹のアルテミスさん。
レイ嶺さん宅に友人のスコルソールさん。サウルさん宅に友人?のホクレレさん。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。